SponsoredLink

糖尿病の遺伝・症状の特徴について

現代病とも言われる糖尿病。身内での発生が多いように思いますが、遺伝は関係するのでしょうか?

大きく分けて糖尿病と言うと「1型糖尿病」と「2型糖尿病」に別れます。1型糖尿病はインシュリンを作り出す力がないため、インシュリン治療を必要とします。2型糖尿病はインシュリンの分泌が少なくなり、インシュリンを作り出す力が弱くなる糖尿病ですよね。ここで遺伝ですが、昔は「1型糖尿病」が遺伝では?と言われて思われていたようです。今は遺伝との因果関係が分からないため明言されていません。
糖尿病といわれる人の多くが、「2型糖尿病」に分類されている人たちのようです。

症状の思い1型糖尿病にかかると、のどの渇きを感じるのが頻繁になって、その回数が増えるので、排尿も同時に増えます。そして怖いのですが、きちんと食事をとっていても、痩せてくるのです。この危険信号をキャッチしておかないと、糖尿病が悪化して、今度は食をしたくなくなってくるようです。この状態になり昏睡状態になり、間近に「死」へとつながってしまうのですね。そのため、早めの判断、早めの治療が必要になってきます。「1型糖尿病」は重症になりやすい、糖尿病になるのも急です。これが「1型糖尿病」のタイプといえます。


「1型糖尿病」は、糖尿病は、大人のかかる病気と考えられがちですよね。しかし、インシュリンが不足すると言うことを考えると、子供に比率が多くかかる病気と言えるのです。そして「2型糖尿病」も、中学生や高校生に発症されるようになりました。子供糖尿病と言われているのは、乳幼児から始まり15歳ごろがマックス。これが特徴です。


高校生くらいから、1型糖尿病の子供に対して、糖尿病の合併症が増えるようです。子供にとっても、いろいろな進路を考える大事な時期です。このときを、どのようにクリアしていくかが、もっとも大切なことになるのだと思います。この年頃は、速度を増して成長するので、ホルモンの分泌が急激に増え、血統のコントロールは難しくなります。どうしても成長についていくために、食事も高カロリーのものを摂取します。そうすると血糖値が上がってしまいます。これを改善するために、インシュリンで調節する方法を考えるようになるのです。


体にとってインシュリンはなくてはならないものですよね。血糖値のコントロールすることで、高血糖とは逆の低血糖の症状が出ることもあるのです。低血糖の症状に対しては、対処の方法があるので、それほど怖がることはありませんよ。
糖尿病になってしまった原因を考えても前に進めません。誰が悪いなどとマイナスな考えは良くありません。自分を大切にするためにも、プラス思考の気持ちをもって、毎日を過ごすことが一番です。自分ではなくわが子が糖尿病になってしまったのは、悲しいことですが、泣いてばかりもいられません。わが子が独立した大人の生活をいつかはしなければならないのです。その前までに自分をコントロールできる力をつけ、自己管理を怠らずに生活していけば、健常者と分からないくらいの生活が出来ると思います。信用できる先生とタッグを組んで前向きに進みましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6071218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック