SponsoredLink

糖尿病の初期症状あれこれ

「これは糖尿病だ」と分かることは初期の段階ではほとんどないと言えます。自分自身で判断できないため、そのままにしておいてしまうことも多いようです。そのため、糖尿病の合併症になって気が付くことが多いのですね。網膜症や腎症、神経への障害がその例です。糖尿病にかかると、完治は難しく、長い時間いろいろな制限が出てきます。もしかしたら糖尿病にかかっている?という判断を早めに出来るように、例をあげましたので自分人が当てはまらないか見てみることをオススメします。


とめどもなく食欲がある。
普段とはあきらかに違う食欲。食欲が止まらない感じがある。これは糖尿病に見られる症状なのです。体が高血糖になっており、エネルギーを作り出すもの、ブドウ糖が体に巡らず、いつも空腹状態にさせてしまいます。そして、たくさん食べているのに何だか最近痩せてきた気がするという方は、糖尿病にかかっていることが多いので、危険です。疑ってみることが必要だと思います。

手・足に違和感(ピリピリ感やシビレ)
糖尿病が悪化してくると動脈硬化が進行します。この動脈硬化の影響で神経障害と呼ばれる異常が出るのです。神経障害が出るために、手足にピリピリ感がおきたり、しびれたような感じになります。皮膚症状と呼ばれるものですね。これが、更に悪化すると「痛み」自体を体が分からなくなるのです。痛みを感じないことは危険な証拠となります。

疲れやすい・いつも倦怠感がある・足のむくみ・発汗・立ちくらみ
神経障害は皮膚にも出ますが、他の場所にも全身に出てくるようになるようです。典型的な合併症の症状が神経障害で、割と早い段階で出る症状ですね。これに気が付くことが出来れば、早めの対応がとれます。気をつけてみましょう。

いつもノドが乾いている・排尿の回数が増える、量も増える
体が高血糖の状態になるのが糖尿病です。この高血糖が継続しているため、いつもからだが乾いている感じになります。水分不足ですね。高血糖の状態が悪化して高すぎると、嘔吐や糖尿病性昏倒(意識不明の状態で倒れてしまう)になる極めて危険な状態になることも考えられます。

視力低下を感じる
 合併症の中でもよく聞く「網膜症」が出てきている状態が考えられます。視力の低下意外にも、点や線が見えたり、物がゆがんだように見えたり。左右の視野が狭くなったり。これが進行してしまうと、いきなり失明してしまったと言うこともあるようです。そして悲しいのですが失明して初めて「糖尿病だった」という事実を知る場合もあるというのです。
 
倦怠感もそうですが、いやに疲れたりダルさを感じたり。足のむくみがひどい場合、貧血気味、嘔吐などが起こると、腎臓の機能が下がっていると思われます。これが糖尿病性の腎症状なのですね。腎臓をやられますので、人工透析続ける人生ということも考えられます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6071323
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック